News

腰痛改善でお腹を凹ませてはいけない理由。

腰痛には体幹トレーニングが有効

ということを聞いたことありますよね?

特に

腹横筋

と呼ばれる筋肉が腹圧を高めて、コルセットのように腰を支えるから、この筋肉を鍛えることが重要だし、そのためにはお腹を凹めるドローインという運動が有効と考えられていますが・・・

今ではそれは嘘だということがわかっています。

 

腹横筋が働かないのは腰痛の原因ではなく結果

そもそも腹横筋が腰痛に効くと考えられるようになったのは何故でしょうか?

それはリハビリの研究で腰痛のない健常な人と腰痛の人が腕を挙げる時に肩の筋肉と腹横筋が働くタイミングを比べたところ、健常な人は腹横筋が先に働き、腰痛の人は遅れて働くという報告があったことがきっかけになっています。

しかし、その後の研究で健常な人に高張液を注入して腰痛を起こした状態で同じことをしてみたら腹横筋の働きが遅れるようになったという報告があり、腹横筋が働かないのは腰痛の原因ではなく結果ではないかというのが今の常識になっています。

 

腹横筋は腹圧を高めない

腹横筋は腹圧を高めると考えられていましたが、その後の研究で腹圧を高めるのは横隔膜だけだったという報告もされています。

さらに腹圧だけで腰を支えるには腹部の大動脈の血流を止めるくらいの圧が必要な上、腹部の筋肉はそれだけの力を発揮することは物理的に不可能であることもわかっています。

 

お腹は膨らませる

お腹を凹ませるドローインに意味はありませんが

腹圧を高めることは意味がないわけではありません。

腹圧は腰を支えるメカニズムの数ある中の1つでしかないというだけです。

つまり、他のメカニズムも合わせて腰を支える必要があるということです。

では、他にどんなメカニズムがあるかというのは別の機会にして

正しい腹圧の高め方はどうしたらいいかをお話しします。

腹圧を高めるのは横隔膜という話はしました。

では横隔膜を働かせるにはどうしたらいいのでしょうか?

それは

お腹を膨らませることです。

『スタンフォード式疲れない身体』より引用

深呼吸で吸う時にお腹を膨らませて、吐き時はできるだけ膨らませた状態をキープするすることで腹圧は高まります。

もちろん前述のように腹圧だけでは腰を支えきることはできませんが

間違いなく腰にかかる負担は減っていきます。

 

美容的にはお腹を膨らませるので太って見えてしまうかもしれませんが、腰痛を軽くしたいのであれば試してみてくださいね。

運動で腰痛が改善しないならEPoch Body+伊丹店で

体操をしても腰痛が改善しないのであれば筋力ではなく筋肉のコリなどによるものかもしれません。

そんな時は筋トレではなくストレッチやマッサージが必要です。

当店のセラピストは全員が経験豊富な国家資格保有者です。

あなたの腰痛にしっかりとアプローチしていきます。

 

\HOT PEPPER Beautyからネット予約も可能です/

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000440177/

\Google口コミ募集中/

下記リンクから投稿お待ちしています!

g.page/spaiditami/review

\LINE@はじめました/

URLから↓

http://nav.cx/asjqwBq

ID検索↓

@693ceenk

\EPoch Body+公式Instagram/

https://www.instagram.com/spaid.itami/

簡単なストレッチなどの動画をUPしております。

フォローお待ちしています!

EPoch Body+

兵庫県伊丹市南町4-5-23

阪急稲野駅より徒歩4分

-News

Copyright© EPoch Body+ エポック ボディープラス , 2020 All Rights Reserved.