News

車に乗っていると腰が痛い。車と腰痛の関係とは

2022年1月6日

腰が痛いという患者様はもちろん多いと思います。

 

その中でも働き盛りの中年期くらいの方の中には長時間、車の運転をしている方おいらっしゃいますよね?

 

  • 運送業の方
  • タクシー運転手
  • 車で営業に回っている方

などなど。

 

決して動き回っているわけではないのに腰を痛めるのは何故なのでしょうか?

今回は車の運転と腰痛のお話をしますね。

 

動いてないのに腰が痛くなる理由

前述のように動き回っているわけではないのになぜ痛くなるのか?

 

腰に限らずですが、人の身体は動いていなくても負担はかかっています。

 

そして、動かなければその部分は血行不良となり、どんどん疲労物質や疼痛誘発物質が蓄積されていきます。

 

座っていれば脚への負担は減るのですが、腰への負担は増えます。

 

ましてや綺麗な姿勢ではなく、骨盤は後傾してダラっと座っているでしょう。

 

骨盤が後傾して腰椎が丸まっていれば椎間板や腰の筋肉も伸ばされ続けるので損傷にも繋がっていくでしょう。

 

前述の骨盤の後傾と腰椎の屈曲は前後の歪みですが、

車の運転では多くの人が左右での歪みも生じます。

 

以下のようなクセがある人は要注意。

 

  1. アームレスト(肘置き)に左腕をおいて右手だけでハンドルを操作している
  2. 左足をフットレストに置かずに、膝を曲げて座席のすぐ近くに置いている

 

心当たりありませんか?

 

運転中の腰痛に悩んでいる人のなかには、左右の片側だけの痛みを訴える人がいます。

 

印象的にはアクセルやブレーキを踏むために右脚が常に少し浮いているような状態になるため

骨盤の高さをみると右が高くなっている人が多い気がします。

 

車の振動による負担

また車の特徴といえば振動。

 

運転中は車体がゆれているため、体もつねに揺れています。

 

姿勢も崩して座っているため適切な姿勢制御もできず

腰への大きな負担となって腰痛が引き起こされる原因となります。

特にトラックなどでは振動が大きいので要注意です。

 

運転中に起こる腰痛の対処法

車の運転は動けないため、座り方が最も重要になりますので正しい座り方をしましょう。

まずは深さ。

できるだけ深く座ってダラっとならないようにしましょう。

 

その状態で右脚でペダルを深く踏み込んでも膝が伸びきらない、かつ深すぎて動きにくくならない深さにしましょう。

 

背もたれもハンドルを握った時に肘が伸びきらないようにします。

ヘッドレストも頭と背中が浮かないようにしましょう。

こうして肘や膝にゆとりも持たせることでリラックスさせるとともに

腰背部とシートとの接触面積を増やすことで安定感を作ります。

 

車は現代社会、特に都心部でなければ必要不可欠な物です。

もしも車に乗っている時が1番痛いという方がいたら、こういった指導をしていってくださいね。

 

伊丹・尼崎エリアで整体ならエポックボディープラス

当店は国家資格を保有し、豊富な専門知識と経験を持ったセラピストが在籍しております。

肩こり・頭痛・腰痛を始めたといた様々な体調不良に対応いたします。

伊丹・尼崎周辺で整体院をお探しという方はぜひご相談ください。

 

エポックボディープラスの所在地・行き方

兵庫県伊丹市南町4-5-23

阪急稲野駅より徒歩4分

 

 

ご予約方法 | エポックボディープラス

HOT PEPPER Beautyからネット予約

お得なクーポンメニューも多数掲載してあります。

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000440177/

 

楽天Beautyからネット予約

https://beauty.rakuten.co.jp/s0000045395/

 

エポックボディープラス LINE@登録でご予約簡単

LINEを使えば、予約時の細かい時間調整や急な連絡などができて、とても便利。

登録者限定クーポンもあるので是非ご登録お願いします!

URLから

ID検索はこちら

@693ceenk

 

エポックボディープラス Google 口コミ投稿募集中!

励みになります!

下記リンクから投稿お待ちしています!

https://g.page/epochbodyplus/review?gm

 

エポックボディープラス 公式Instagram

https://www.instagram.com/epochbp.itami/

簡単なストレッチなどの動画をUPしております。

フォローお待ちしています!

-News

Copyright© EPoch Body+ エポック ボディープラス , 2022 All Rights Reserved.